多段式オーバーフロー水槽 濾過槽作成

DIY

今回は濾過槽を作成します。

なるべくお金をかけずに作成したい!

というコンセプトですので、濾過槽は家に余っていた20cmキューブで作成します。
その他、濾過槽に入れる水温計、ヒーターも家にある余り物で作成しました。

今回、濾過槽から最上段水槽の給水口まで1m以上あります。
また、水槽は濾過槽含めて20cmキューブが4個です。
そのため、ざっくり全水容量が32Lほどです。

この容量を1時間で4回転させるには

(32Lx4)/60=2.13L/min

ほどの流出量が必要です。

ただ、揚程が高いと流出量が半分近くなってしまいます。
そのため、最大流出量が4.26L/min以上あるものを使いたいです。

今回もRio+を購入することにしていますが、最大揚程と流出量を考えると800以上で考えています。

安く上げるために中古を探したところ、1100を安く購入できました。
そのため、今回は流出量を絞って使用します。

ウールボックスは100均で買ったカゴにしました。

割といい感じと思います。

この空きスペースに濾材をしっかりとつめれば完成です。
今は濾材がないのでまずは空のまま水を回す準備をします。

次は各水槽の接続です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました