ウールボックス 自作開始

DIY

ウールボックスの自作を開始しました。

端材の塩ビ板からパーツを切り出します。

最初は会社のレーザーカッターでカットするつもりでしたが、レーザーカッターで塩ビを切るのは禁止でした…
というのも、塩ビをレーザーカッターで切るとガスが発生してレンズをダメにしてしまうみたいです。

ちょっと想定外でした。
そのため、ちょっと面倒ですがアクリルカッターで切ることにします。

ただ今回使った塩ビ板の厚さが5mmだったので切るのが結構大変でした😂

ウールボックスは395mmx175mmX100mmで作成するので、

①395mm x100mm 2pcs
②165mm x100mm 2pcs

を切り出しました。

切り出すのにアクリルカッターを使っているため、断面が斜めになったりしています。
これはちゃんとアクリルカッターのバリ取りで綺麗にしておきます👍

②の板の1枚にΦ16のL字エルボが刺さるように穴を開けます。

穴はホールソーのΦ30で穴を開けました。

この穴にL字バルブを接着します。
どちらも塩ビなので、塩ビ用接着剤で固定します。
接着剤塗布には100均で買ったスポイトを使っています😁

ここにシリコンボンドを塗布します!

これを含む4枚の板で箱を作ります。

とりあえずマスキングテープで仮固定して上部フィルターに合わせてみます。

“入らない…”

アクリルカッターで削りながら切るので、ピッタリ寸法で切っても若干小さめに出来るのでちゃんとはまるかなーと思ったのですが、うまくいきませんでした。

そこで、縦/横共に5mmずつカットして再トライ。

これで上手くハマりました。

今回はここまでです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました